蒔絵師 湯浅華暁 (1875-1952)

波の上を飛ぶ千鳥が天板と扉に、扉裏には秋草が金の蒔絵で描かれ、銀の金具は揃いで千鳥の図柄、棚の背側は透し模様で月と雲との斬新なデザインの書棚である。

銘 華暁
大正時代 1920年頃
73 x 61.1 x 33.1 cm

お問い合わせ

« もっと見る 室内調度品