一玉・自侃眼文

蕨の形に彫られた煙管差しには金属のありが象嵌され、菖蒲図に染められた鹿皮の煙草入れには土筆の前金具。
銘 一玉・自侃眼文

江戸時代 1850年頃
煙管差 21.3 x 2.4 x 2.5 cm, 煙草入12.2 x 7.1 x 2.7 cm

お問い合わせ

« もっと見る 印籠・提げ物