山永萬水

蓋表には黒地に金蒔絵で西瓜が大胆に描かれ、蓋裏には蟋蟀が銀の蒔絵で描かれている硯箱。

萬水は大正13年皇太子(後の昭和天皇)御成婚奉祝の蒔絵書棚の制作に関わった七人の蒔絵師の一人。

大正時代 1915−1920年頃
4.3 x 22.9 x 25.9 cm

お問い合わせ

« もっと見る 蒔絵