大島如雲 (1858-1940)

鋳金による鉄拐仙人のブロンズ板の額。

銘 如雲
明治から大正時代 1910から1920年頃
銅板 20.3 cm x 25.4 cm, 額42.7 cm x 67 cm

お問い合わせ

« もっと見る 金工