京都井上・房寛

様々な種類の菊とその間に飛び交う蝶の図のブロンズの対花瓶には、金、銀、四分一、赤銅、銅と様々な高肉色絵象嵌が巧みに施されている

井上製 . 房寛
明治時代 1875年頃
35.5 x 18.8 cm

お問い合わせ

« もっと見る 金工