山口一照 (1876生)

銀製花瓶には金と赤銅の象嵌と細かな彫りによって山間の風景と満月を描いている。

銘 一照
明治―大正時代 1910-1915年頃
高 35.3 cm 直径 15.8 cm

お問い合わせ

« もっと見る 金工