日本の七宝は明治期に最高の域に達し、多くの傑作が国内外の大きな博覧会にて表彰され、京都の並河靖之、東京の濤川惣介は帝室技芸員に任命され、彼らの驚くべき技術による作品は多くの明治時代より西欧のトップコレクターに求められてきました。

Miniature vase with birds and flowers 花鳥図七宝小花瓶

初代安藤重兵衛