日本絵画には様々な題材や様式があり、美学的にも極めて洗練された芸術のひとつといえるでしょう。過去から現在に至るまで、屏風も掛軸もレベルの高い装飾作品として実際に取り扱われています。