山川孝次 (1860-1930)

雪景色の葦の水畔に泳ぐ鴨の雄雌、蓋には透かしと平象嵌で雪の結晶文様。

明治時代 1900年頃

高 14.7 cm 直径 12.5 cm

 

 

お問い合わせ

« もっと見る 金工